ねずみ・ネズミ駆除ならお任せください!

ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7760

フリーダイヤル0800-805-7760

対策をする

住みにくい空間に

ネズミが家に住んでいるということは、住みやすい空間を自分自身が提供している可能性も十分に考えられます。
言葉も喋れない生物に「不法侵入だっ!!」と注意しても出て行く訳もありませんし、自ら招き入れていたら本末転倒ですよね。

ネズミも、私達と同じ生き物の一種。「住みやすい環境」を見つけて、そこに住まうという習性があります。私達人間も、住みやすい環境に住みたいと思うのは一緒のことですからね。
一体どのような環境を求めているのか??これをご紹介したいと思います。

心当たりがあるなら

住みやすい環境というのは、以下のとおりです。もし以下の点に心当たりがあるならば、すぐさま環境を変えないと、どんどん家に住まう数は増えていきますよ・・・。数が増えればそれだけネズミ駆除の手間がかかってしまいますし、お金もかかってしまいますし、何もいいことはありませんよ。

◇食料の散乱
人間が摂取する食べ物は、ネズミも同じく摂取します。食べかけの食べ物などを冷蔵庫の外に放置しっぱなしなんてのは、自らネズミを招いている行為となんら変わりませんよ。
また、人間が食べ物を食べた後に出る、「生ゴミ」なんかも漁ります。生ゴミの処理も、心掛けましょう。

◇紙類の散乱
自分の巣を作る為にティッシュペーパーなどの紙を使います。その為、雑誌などの紙類を放置していると、これまたネズミからすると住みやすい環境になってしまいます。

◇侵入出来る隙間
体長が小さいですから、ちょっとした隙間があればそこからネズミは家の中へと侵入しようとします。
築数十年経った家は、老朽化が進んで壁に穴が空いたり・・・なんてことも。古い家ほどネズミが住みやすいのは、家の老朽化が原因なのです。